クレジットカードを持っているのですが、金利が高額のように感じて、会社へ照会してみたのですが、お客様は無担保ですからこの利子になりますなどと言われてしまいました。無担保キャッシングカードとはいかなることなのでしょうか。こういったご質問に回答します。担保というようなものがあるとはどのようなありさまに関する事を言うのでしょう。フリーローンの際使用目的というようなものが任意となっているローンで担保契約していない事例というのが大抵で、そうした事を無担保借入というように言うのです。自動車ローン等というようなものは買い込むものが決まっておりますから買い入れた物品に抵当などを設定いていくのです。こうしたことが有担保融資というように呼ばれます。有担保ローンに関するメリットというようなものは引き当てがある分の利子が低く設定されているというところです。そうしたら借り入れに担保を契約設定して利息に関して低く設定した方が得だと思惟するかもしれないですけれどもついつい弁済不能になった場合は担保対象を差し押さえられるといったことになるので、そのような無謀な事をする方はいないでしょう。実は担保などを契約設定できるというカードローンといったものもあるのですけれども、折角自分の信用度のみにより借入できるので僅かな利息の金額くらいについては目をつぶると判断するのが通常なことだったりします。あとサラリーマンのような、所得の一定の人は信用もありますからことさら担保を入れなくてもキャッシングカードを発行することというのが出来、個人事業主の場合だと収入というようなものが安定してないので、担保の提出を促されるときも有ります。会社というようなものは貸し出しただけでは利益が上がらないのです。貸し金回収したあと始めて収益を上げるのですからもっともな要請でしょう。だから無担保で借入できてしまう信用というのが有るといったことは相当大きい価値といったようなものが存在したりするのです。