借金というようなものをしましたら定期的に指定期日に銀行口座などから自動引き落としで引き落しされていくでしょう。テレビの告知でATMで時を構わず返済が出来ると言われてますが、それは定期の引き落しとは別で支払いする事例のに関して言っているのです。かような返済を繰り上げ支払と言い、残高全額に関してを返済返済を総額早期支払い、一部金を弁済するような支払いを一部分一括支払と呼称します。説明しますと一時所得などによってお金に精神的余裕というものが存する場合には機械からや振込等により一部あるいは全額に関してを弁済する事が可能になっているのです。なおかつこうしたことの他にも早期支払いには利点が多くありましてデメリットというようなものは全く見当たらないです。これのプラスとは、別途で弁済することで、元本総額を軽減するということを出来るので支払い回数が短くなり、利息についても合理化することができ支払い全額そのものを切り詰めることが可能なので、一挙両得の弁済手法となっているのです。ただ注意したい点はいつごろ前倒し弁済するかについてです。カード会社には支払い回数とは別の締め日がというようなものがあるのです。例を挙げますと15日〆であったとして次の月10日の引き落しとしますと15日から以降に関しては翌月の金利といったものをひっくるめた支払額が確定してしまうのです。説明すると月中以後早期返済した場合でも、明くる月分の支払額は決まってますので、その間に前倒し支払したとしても来月の弁済額にはちっとも反映がないのです。だから繰上支払といったようなものがすぐ効果を表象するようにするためには、支払い期日の翌日から次の締めの到来までの期間に繰上支払する必要があったりするのです。しかしながらこうしたケースの利息の額といったものはごくごく小さいものです。それ位は気にならない人は、随時自由自在に早期弁済していきましょう。しかしながら少しでも節約したいと勘案する方は引き落し日から締めまでに前倒し支払いした方がよいでしょう。