カードを持っていますけれども、金利が高い水準のようだと思っていて会社に対して問い合わせしてみたのですけれどもこちらは無担保だからそうした利率設定になりますと告げられました。無担保のクレジットカードとはどういう事ですか。こういった疑問にご回答していきます。担保というものが存在するという意味はいかような状態の事を示すのでしょう。借り入れの時使用目的というものが自由である借入で担保契約されてない事例というのが大抵であって、その事を無担保キャッシングサービスというふうに呼んでいるのです。かえってマイカーローンなどというものは買い入れるものは確定しておりますから、買ったものに抵当を設定していきます。こういったことが有担保カードローンなどと呼ばれます。有担保借入に対するメリットといったものは、抵当権が存する分利息が低くされているという点なのです。それならキャッシングに担保などを契約設定して、利率に関して低い水準にする方が得する思惟するかもしれませんがついつい弁済不能になってきた場合は担保対象物件を押さえられることになってしまいますから、そのような無謀な事をしたいという方はいないはずです。実際担保を契約できるキャッシングサービスというものもあるのですが、自身の信用性で使えてしまうので、少しの利率の差くらいは見逃そうと判断するのが普通だったりします。それから給与所得者のような、所得が安定の人は信頼性というようなものもありますので、ことさら担保を設定しなくてもカードを作成することというのが出来、個人事業主の場合だと所得といったようなものが安定してないということから、担保の提出を求められる場合もあるのです。企業というのは貸し出したというだけでは利益が有りません。利息取立てした以降そこではじめて利益を得るわけなので、当然なリクエストなんです。よって無担保で借入できる信用性というものが存することはけっこう大きな価値というものが存在したりします。